9 TIMES 9

Igo design project

“Igo” is a game which has been played from more than two thousand years ago. 
The game has been brushed up through a long history, therefore can be seen as a kind of culture. 
However, the noble image of Igo also keeps young generation away from it.
To transmit the hidden beauty of Igo, We started up the project called” Embody the pleasure of Igo”
We explored the root of the charm of Igo by decomposing the elements in it. For example, rule, communication, gesture, and form.
Through the nine Igo boards inspired from the extracted charming elements, We can convey the charm of Igo culture with a brand new perspective.
囲碁は2000年以上前からある伝統的なゲームです。
長い歴史の中で磨き上げられたゲームは美しく完成され、一つの文化と呼ぶことが出来ます。
しかし現在、その格調高さが若い人にとって歩み寄りづらいイメージを持たせる原因になっています。
そこで、囲碁の中に潜在する魅力を多くの人に発信するため
「囲碁の楽しさをカタチにする」デザインプロジェクトを立ち上げました。
囲碁文化が持つ様々な要素(ルール、コミュニケーション、所作、色、カタチなど)を一度バラバラに分解することにより、
囲碁の魅力の根源を探りました。
そうして抽出した囲碁の魅力的な要素を9つの碁盤にアウトプットすることで、囲碁文化のもつ魅力を今までに無い視点から届けます。
Back to Top